好きな事をして生きる

ポジティブな考えは、不可能を可能にする

デフレパードという

80年代全盛だった、

イギリスのロックバンドのがいます。

もうみんな、50代のおじさんですが、

今でも元気に活躍していて、

ニューアルバムをリリースを続け

毎年、世界中をツアーしています。

 

そのデフレパードのドラマー、

リックは実は左腕がないのです。

 

デビューして数年後、

いくつかのヒットを飛ばして

バンドも絶好調だった頃、

交通事故に遭い、

根元からバッサリと腕が

もぎれてしまいました。

 

ドラマーが左腕を失った…

これで彼のドラマー人生も

終わったと、

誰もが思ったに違いありません

 

でも、彼自身は

そうは思わなかったのです。

捨て身になったり、

うつ病になったりしても

おかしくないのに、

「自分はまたドラムを叩くんだ」

という、ポジティブな気持ちを

持ち続けました。

そして、片腕を無くした悲しみより

なんとか片腕で

ドラムを叩けるようになり、

早くまたツアーに出ることで

毎日頭がいっぱいでした。

 

周りの人々は、

そんな彼を

「かわいそうに、またドラムを

叩けるようにと思ってるなんて…」

と、同情の目で見ていました。

 

でも!!

 

なんと、彼は1年後に復帰して

またライブに登場したのです!

 

入院中に、何気なく手に取った雑誌の

片腕パイロットの記事から

ヒントを得て、

片手でも叩ける

ドラムセットを特注し、

またドラマーとして復帰したのです。

 

もちろん復帰までの努力は

並大抵ではありませんでした。

足と腕の筋肉をつける事から始め

それ以外の時間は、

ずっとドラムを叩き続けていました。

 

また、復帰できるなんて、

本人意外、

誰も思っていなかったでしょう。

 

リックのポジティブさは、

不可能を可能にしました。

腕を失った絶望感にも負けず、

希望を捨てず、

信念を持ち、

ひたすら目標に向かって努力しました。

 

リックの事を考えると

どんな時も、

ポジティブな考えを捨てず

好きな事のために

ひたすら努力をすれば

「願望は叶うのだ」と

改めて思いました。

 

そして、皆さんも

自分自身を信じて、

周りがなんと言おうとも

「自分はできる」

「これをやりたい」と思ったら、

ポジティブな考えを捨てずに

頑張り続けて欲しいと願っています。

myself p

ゴンサレス靖子
http://twostepsbehind.net/lifecoaching

Image courtesy of stockimages at FreeDigitalPhotos.net

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料自動診断を行っています
是非ご利用してみて下さい

● 得意なことって、案外自分では気づいていないかもしれません。
自分でも気づいていない、あなたの得意な事を発見してみましょう。

Bunner-WP-Tokui-2015-08-01

● 自分らしく生きていない事に、どれだけストレスを感じているでしょうか?
チェックしてみましょう。

Bunner-WP-Stress--2015-08-01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください