起業

失敗が怖いからできない? 行動していない事自体がもう失敗です。

 

セラピストの勉強をしている優ちゃんという友人がいます。

もう何年ぐらい勉強しているでしょうかね~。

12年ぐらいは勉強してます。

2人の子供を持つママであり、フルタイムの会社員でもあるので、

自分の時間はあまりとれないようですが、

それでも、大体2か月に1回は、お師匠さんが開く国内外セミナーに参加しています。

セミナーから帰ってくると、いつも熱心に、どんな事やったか、どんな人と会ったか、お師匠さんはどうだったか、などなど生き生きと話してくれるんです。

そんな優ちゃんを見ると、

「本当にセラピーの勉強するの好きなんだな~」とつくづく思います。

普段の何気ない会話も、優しいけれど力強さがあって、優ちゃんそのものの存在が、癒してくれると同時に元気をくれます。

私から見たら、優ちゃんは根っからのセラピストなのですが、彼女自身は「私はまだまだ」と言って、セラピストとして働こうとしません。

たまに知人にセラピーをする事はあるのですが、それも年に1-2回です。

優ちゃんは、「あの勉強を終わらせるまでは、セラピストとしては働けないわよ。」と言って、一生懸命「あの」勉強を終わらせると、今度は他の勉強を始めて、「まだまだ~~、とにかく、今はこれをを終わらせるわ〜。」と言って、次から次へと果てしなくコースを取って勉強を続けます。

 

勉強するのはいいんです。

でも、勉強した事を役に立てずに、どんどん時間がたっていきます。

もう、12年間です。

いったい何年勉強したら充分なんでしょうか…

きっと一生勉強しても、充分だ、と感じることはないでしょう。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

 

優ちゃんは自分のお師匠さんの様にならないと、セラピストとして働く資格がないと思っているんです。

どんな人の問題も素早く的確に掴み、楽にしてあげたり、解消してあげる。

セミナーでは、カリスマがあって、圧倒するような言葉で、参加者全員惹きつける。

そんなお師匠さんと比べて、自分はまだまだって思っちゃっうんです。

まだ始めてもない自分と、何十年もの経験を積んで成功しているベテランを比べるなんて、なんて図々しくて、意味のない事なんだろう、思いますよね。

 

でも、これってよくある事なのです。

 

実は私もその過ちに陥りました。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

 

私もコーチとはアンソニー・ロビンス(世界NO1と言われているコーチ)みたいな人の事だ、そうじゃないとコーチじゃない、って思ってたんです。

だから、「自分の奥深くに潜んでいる気持ちや考えを引き出すあのスキル。 勇気を与えてくれる数々の言葉。 私にはそんなものはない。だからまだまだ」と思い続けていて、コーチとして働く決心がつかずに、その周りをうろうろしていました。

でも、私があまりにもウジウジしていたので、当時のコーチが「靖子さん、できるかできないかは忘れて、靖子さんはコーチとして働きたいと思うのか、それともこんな事やりなくないと思うかだけを答えて下さい!!!」と、ビシッと活を入れてくれました。

そのおかげで、「私っていったい何考えてたんだろう、バカだなあ」と目を覚ましましたが、実際やってみる前の準備中の時は、割と変な妄想が先走ってしまうんですよね。

でも、やり始めると、それはなくなり、人にはそれぞれ役割がある事にすぐ気づきます。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

 

例えば、あなたがピアノを習うとします。

いきなり中村紘子さんのところへ、習いに行こうとは思わないはずです。(残念ながら、この前お亡くなりになりましたね)

習い始めの頃は、ものすごくスキルがある先生より、めんどうみが良くて、親切で、忍耐強くて、自分と相性のいい先生がいいですよね。

ピアノのスキルが高いからと言って、自分にあった先生っていうわけではないのです。

スキルがあっても怖い先生なら、すぐにやめてしまうでしょう。

有名な先生なら、気絶するぐらい高額のレッスン料を取るでしょう。

習い始めのあなたには、それは必要ないはずです。

 

お師匠さんにはお師匠さんの役目と、それにあった生徒がいます。

お師匠さんの弟子先生には、また違った役目があります。

そして、お師匠さんより弟子先生の方がいい、という生徒がいるのです。

 

そして、そのお師匠さんだって、最初から大成功していたわけではありません。

段階を踏んで、失敗もしながら、今に至たったはずです。

ゼロから急に100点満点になったわけではありません。

ゼロから10点、20点、50点と進んで行って、時には逆戻りして30点になったりと、いろいろな事を思考錯誤やっていった結果、今の御師匠さんができたのです。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

 

だからね~~、優ちゃん、と、話は戻るのですが、

「お師匠さんみたいになってなくても、充分セラピーはできるんだよ!!」

と、私は言うんです。

必要としている人に、セラピーをしてあげた方が、勉強だけをしているより、よっぽど人の役に立つじゃないですか。

せっかく、貢献できる何かを持っているのに、その機会を自ら捨ててしまうのは、もう残念でしかたありません。

「まだまだスキルがない」って言うけれど、12年間勉強しているんですから、スキルがないわけありません。

勉強は、セラピーをしながらだって、できるじゃないですか。

優ちゃんを必要としている人はたくさんいるのです。

じっと見ているだけではなく、手を差し伸べてあげて欲しいのです。

勉強ばっかりしているのは、自己中心すぎるとさえ思ってしまいます。

 

一歩踏みだす決心が、なかなかつかないのはわかります。

「うまくセラピーできなかったどうしよう。」

「悪評判がたったらどうしよう。」

「だれも自分の事を必要としていなかったらどうしよう。」

そうやって、失敗したらどうしよう、と思うと、怖くて動けなくなって、また勉強に没頭してしまうのです。

 

でも、何も行動しなかったら、失敗したのと同じです。

成功の可能性はゼロなわけです。

セラピーかうまくできないどころか、やってもいないので、なにも起らない。

始めてないから、失敗してないと思うのは、大間違い。

始めてない事自体がもう大失敗なのです。

 

優ちゃん、手伝うから早く始めて~~!!

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

それでは、あなたらしいより豊かでより幸せな人生にVIVA!

Image courtesy of anankkml at FreeDigitalPhotos.net

myself p

ゴンサレス靖子
http://twostepsbehind.net/lifecoaching

 

●メールマガジンの登録はこちらから

メールアドレス




 

●無料相談受付中
↓ ↓ ↓
blg-banner-site-20161007-2

 

●Youtube版はこちら
↓ ↓ ↓

 

●音声版はこちらから
↓ ↓ ↓

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください