好きな事をして生きる

会社をやめて、好きな事をやりたい?

私のところに

相談に来る方々の中に、

「今の会社の人間関係が嫌だから

会社をやめて、

好きな事をしていきたい」

という方々が結構います。

 

そんな時私は

まず「今の会社の人間関係が嫌。」

と言う事と、

「やめる」と言う事と

「好きな事をする」と言う事を

全部切り離して考えてみましょうか

と提案します。

 

1.「今の会社の人間関係が嫌」と言う事について。

 

私も長い間組織の中で

働いていたので、

同じような気持ちになった事は

何回もあります。

一度その人が嫌になると、

どうしてもその人の

嫌な部分ばかり見えてしまって、

理由もないのに、

その人のやる事なす事

すべてを否定したくなります。

その人と会わなければならない

と思うだけで、

イライラしてしまい、

相手もそれを察するので、

なんとなく意地悪になります。

そして、関係がどんどん

険悪になっていき、

仕事にも影響してきて、

些細なことも

大問題になったりします。

もう、必要以上に

悪いことだらけになります。

同じ空気を吸うのも嫌、

という、理不尽な感情まで

湧いてきます。

そしてこれが

とどめもなく悪循環して、

どんどんエスカレートしていきます

 

仕事自体は好きなのに、

その人の為にやめるのは

良い解決策ではありません。

どこかで

断ち切らなければなりません。

 

そんな時に役に立つのは、

悪い面は、とりあえず

許してあげる事にして(?!)

良い面を見るように

心がける事です。

 

私はどんな人にも

必ず良い面があると信じています。

極端な例を言うと、

凶悪殺人者でも、

子供には優しい

パパかもしれないし、

詐欺師でも、実は誰よりも、

親孝行の息子かもしれません。

 

人の長所に焦点を

フォーカスできるようになると、

人間関係の嫌悪感は

ほぼゼロにする事ができます。

そして、意外な宝を

沢山発見する事もできます。

 

私が働いた職場の1つで、

1人の上司が原因で、

1年間で、

1人のうつ病(半年休職)、

1人のパニック症状、

1人退職、

2人長期の病欠が

発生したことがありました。

15人の職場だったので、

30%以上の人が

精神的・肉体的ダメージを

受けていたのです。

その上司に

大きな問題があった事は、

明らかです。

小うるさく、厳しく、

要求する水準が非常に高く、

それができないと、

できるまでしつこく

追いかけるという

部下にとっては

厄介な部分がありした。

でも、もちろん

良いところもありました。

誰よりも面倒みがよく、

わからないことがあると

根気よく丁寧に教えてくれました。

機転がきき、

細かいところによく気づき、

遅くまで残業していると、

サンドイッチやアイスなどを

買ってきてくれたりします。

自分の知っている情報は

すべてみんなに伝えようと

漏れる事なくすべて伝え、

効率よく仕事ができました。

 

多くの人は

欠点ばかりに目が行ってしまい、

他の人にはない、そんな良い面も

見えなくなってしまうのです。

それはとっても、

もったいない事です

長所しかない人や

欠点しかない人は存在しません。

まずは欠点をスルーして、

(許してあげよう、

私には許してあげる

許容力があるんだ

と思うと、

スルーしやすくなります)

長所に焦点を当てているうちに、

相手も、

「この人は自分に肯定的だ」

と気づき、欠点がまったく

出てこなくなるようになるので、

不思議なものです。

こうなると、すべてが好循環します。

 

2.「やめる」ということについて

 

そうやって、

人間関係の問題が解消できても

やっぱりまだやめたい、

という気持ちがあるのなら、

やめたい理由は人間関係では

なかった訳です。

どうして辞めたいのか、

理由をもう一度

よく考えてみましょう。

 

仕事の内容でしょうか?

将来の展望でしょうか?

給料でしょうか?

 

これらの原因は、

やめないで解決できないかどうか

考えてみましょう。

 

もっと自分の好きな部署に

配属してもらう事は可能か?

昇格・昇給は可能か?等、

今の職場に留まって解決できないか

考えてみましょう。

 

なぜかというと、

ただ単に今の状況が

嫌だからといって、

逃げるようにやめてしまっては、

やめた後も、

次の職場や新しい仕事で、

同じような事を事を繰り返して

しまう事が多いのです。

嫌だから逃げるのではなく、

よりよい未来の為に

やめる事にしましょう。

 

もし、やめるのがベストの解決策だ

と思ったら、

やめた後に、どうしたいのか、

まず何をするのか、という事を

はっきりさせて下さい。

同じ失敗を繰り返さない為にも

必要な事です。

 

3.「好きな事をしていきたい」について。

 

職場の人間関係が嫌でも、

会社をやめても、やめなくても

好きな事はできます。

どんどんやって下さい。

 

好きな事をやって

お金を得たいですか?

それには、今の職場を

辞めなくてはならない、

と思っていますか?

 

そんな事はありません。

 

私の知り合いで、

フルタイムの会社員で、

他2つの事業を

やっている人がいます。

時間は練りだせば

結構あるものなのです。

彼は自分の事業の仕事は

朝会社に行く前の数時間と

会社のお昼休みと

週末に行っています。

また、たまに有給をとって、

打ち合わせに行ったりしています。

そして今の時代は

テクノロジーや

アウトソーシングなど

資源が豊富にあり、

いくつもの仕事を

掛け持ちする事を

可能にしてくれるように

なりました。

一つの仕事に固執する必要は

なくなってきました。

 

好きな事をしていくには、

障害などありません。

自分で障害だと思い込んでいるだけです。

今すぐに、好きな事を

どんどんやって下さい。

 

myself p

ゴンサレス靖子
http://twostepsbehind.net/lifecoaching

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください