時間

時間がない!? 訳ではないんですよ。

今年に入って、約1カ月が過ぎましたね。

皆さん、今年の目標に向かって、行動しているでしょうか?

それとも、なんとなくやめてしまったでしょうか?

 

そんな風に、クライアントさんに尋ねてみると、「時間がなくて、なかなか出来なくって。」、と言う方が多かったりします。

 

そういえば、私も随分、「時間がない、時間がない」、と騒いでいた時期がありました。

どうしたら時間を有効に使えるかと、タイムマネージメントの本を読み漁ったり、セミナーに行ったりしましたが、時間不足は解決しませんでした。

だから新たにまたタイムマネージメントの方法を考え、試してみるけど、だめ。

そんな事の繰り返しで、「時間がない!」と、仲間やコーチに愚痴を言い続ける日々が続きました。

そのうちに愚痴を言うのも飽きてきて、「これじゃあ一生時間がないと騒ぐ事になる」、と思い、別の視点から時間について考えてみる事にしました。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

 

当たり前だけど、時間は唯一、誰にでも同じだけであるもの。

お金持ちにも貧乏人にも、社長にも平社員にも、フリーランスにも、主婦にも、フリーターにも誰にとっても1日は24時間。

時間があるとか、ないとかいう考えはとりあえず捨てて、時間は1日24時間、と考えます。

 

そしてそれをどう使うか、ただ単に振り分けるだけ。

 

8時間寝るのも、

働くのも、

家族と過ごすのも、

ゆっくりお風呂に入るのも、

ブログを書くのも

勉強をするのも

テレビを見るのも

ただ単に24時間ある時間を、自分自身がそれぞれに振り分けているだけ。

そう考えると、「時間がない」という言葉は出てこなくなります。

 

時間がない訳ではないのです。

やろうとしていた事をやらなかったのは、他の事を優先したからです。

言われてみると、「そりゃそうでしょ~」と思うのですが、案外自覚していない場合が多いのです。

 

たとえば、英語の勉強をしようとしていたのに、子供の具合が悪くなってしまい、病院に連れて行ったので、結局できなかったとします。

それは、もうしょうがないです。

熱を出した子供を放っておいて、英語の勉強はしませんよね。

そんな時は「できなかった~~!!」と、自分を責めないで下さい。

優先したいと思った事を優先しただけです。

「しょうがなかった。」とサラッと諦めて、やる予定だった英語の勉強をいつやるか決めて実行すればよいのです。

 

他の例です。

ビジネスのスキルを得る為に本を読もうとしていた時間に、思わず他愛のないYoutube動画を次々と見てしまって、結局本は読まなかったとします。

あなたにとって他愛のないYoutube動画を見る事は、スキルを得る為に本を読む事より大切な事でしょうか?

きっと違いますよね。

それなのに、本を読む事よりも、Youtube動画を見る事を優先してしまいました。

まず、あなたが大切だと思う事から始めて下さい。

どうしてもYoutubeを見たいのなら、まずは2時間なり3時間なり、本を読んでから、見れば良いのです。

もし本を読む事に時間をかけてしまって、Youtubeを見なかったとしたら、「時間がなくてYoutubeを見られなかった!」と悔しい思いをするでしょうか?

多分しませんよね。

まずは、自分にとって一番大切な事からやって下さい。

 

こんなはっきりした例ではなく、微妙な場合もあります。

会社勤めをしながら、自分のビジネスを立ち上げようと頑張っているけれども、毎日残業、残業で、家に帰って来ると、夕食を食べてお風呂に入って寝るだけ。

週末は疲れていて大したこともできない。

そんな時は会社の方が大切なのか、立ち上げようとしている自分のビジネスの方が大切なのか考えてみなければなりません。

とは言っても多分、両方大切でしょう。

会社からの給料はビジネスを立ち上げる為の資金源。

また、生活を営んで行くのにお金は必要です。

ではビジネスをやめるか。

それでは、自分の生きていく意味の一つが消えてしまう。

というわけで、きっと両方大切なはずです。

でも残業続きで、あなたが立ち上げたいビジネスに関してあまり行動していないのなら、会社しか大切にしていない事になります。

両方大切なら、今比重を置いている会社の仕事を見直してみて、あなたが立ち上げようとしているビジネスに、その比重を移していく必要があります。

それをしないと、実はあなたのビジネスはそれほど大切ではない、という事になります。

そうではないですよね?

 

結局のところ、1日は24時間。

それをどの様に使うかはあなた次第。

やろうとしていた事は、あなたが選択して、”やった”、か”やらなかった”であって、”できなかった”のではないのです。

やらなかったけど、良しとするか、いやいや良くなかった、と判断するのはあなた自身です。

こんな風に考える習慣が身に付くと、タイムマネージメントなんて関係なしに、やりたいことはどんどんやるようになり、自分にとって、今何が大切なのかが分かるようになります。

しばらくあなたの言葉から「できなかった」を抹消して、「自分で決めてやらなかった」と言って見て下さい。

意識が変わります。

そして、「時間がない!」と思う事はほとんどなくなります。

 

付け足し:

実は1日はいつも24時間というわけではありません。

ヨーロッパはサマータイムがあるので、開始の日は夜中の2時が3時に変わり、1日が23時間、終了の日はその反対で25時間になります。

たった1時間少なかったり、多かったりするだけでも、「今日はあっという間に過ぎた」とか「今日は一日が長いな~」と感じます。

この2日は不思議な気分ですよ。

myself p

ゴンサレス靖子
http://twostepsbehind.net/lifecoaching

 

●メールマガジンの登録はこちらから

メールアドレス




 

●あなたの夢を叶える動画講座無料公開中

 

●Youtube版はこちら
↓ ↓ ↓

 

●音声版はこちら
↓ ↓ ↓

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください