[目標達成]

プレッシャーに負けず、行動を続ける3つのステップ

ID-100163146

「あ、まずい! 失敗! どうしよう! 困った!」

そう思った次の瞬間、頭が真っ白になり、

何をしていいかわからなくなってしまう。

そして立ち往生。

立ち往生してる場合じゃないのに、

思考や、行動がブロックされてしまう。

 

よくある事です。

でも、ここで立ち止まてはいけません。

一度立ち止まってしまうと、

またエンジンをかけるのに、

時間とエネルギーが余計にかかってしまうのです。

 

そこで、そんな時に立ち止まらないで、

行動を続けるためのヒントをご紹介します。

 

ステップ1. どう展開するかわからない未来の事を考えるのをやめる

ああなってしまう、こうなってしまうと、

どう展開するかわからない未来を

ぐるぐると考えるのは、やめてしまいましょう。

頭が飽和状態になって立ち往生している時は、

全てのことが悪い方向へ行き、

失敗をするのではないかと思ってしまい、

最悪のストーリーを組み立ててしまうものです。

 

クライアントさんのネットショップの

オーナーさんの例をお話します。

 

オーナーさんは、お客さんへ送付した商品が、

なかなか届かなかった時がありました。

お客さんはしびれを切らし、

あなたのサイトは詐欺サイトだと言って、

警察に通告すると連絡してきました。

オーナーさんは驚いてしまい、

お客さんに詐欺サイトでない事を

わかってもらえるよう

手をつくしましたが、結局だめでした。

そんな時に、ネットバンキングサイトに入ろうとしたら、

ブロックして入れませんでした。

サイトからPaypalへの支払いもエラーがでていました。

クライアントさんは唖然として、

「警察に通報されて銀行口座もPaypalもストップされた」

「これでこのショップも閉める事になるのか」

「それどころじゃない、2度と銀行口座を開く事ができないのではないか」

などど、最悪のシナリオを想像して悩んでしまい、立ち往生してしまいました。

 

これらの事はは起こるかどうかわからない

全くの想像です。

起らない可能性の方が大きいでしょう。

起るか起らないかわからない

自分で想像したネガティブな未来を

くよくよと悩んで

エネルギーを消耗してしまっては

無駄なストレスを余計感じてしまって、

立ち往生してしまいます。

そして再び勢いをつけて前進するのが

難しくなってしまいます。

 

ステップ 2. 次のアクションにフォーカスする

 

落ち着いて、今、何ををするべきなのか考えましょう。

やるべきことが決まると、

不安や疑問に気持ちがいかなくなる場合が多いのです。

計画の立てすぎは、不安を増やしたり、

または計画だけで、行動を起こさなかったりするので、

今何をやるか、という事だけにフォーカスします。

 

ネットショップオーナーさんの例です。

今、何をやるべきか考えてもらいました。

-まず、最終的に届いた商品を受け取り拒否して返金を要求してきたお客さんに返金手続きをする。

-次に銀行になぜネットバンキングがブロックされているか問い合わる。

-Paypalにも同様に問い合わせる。

 

やるべきことはたったこれだけです。

簡単ですよね?

そして次のステップに行ってもらいました。

 

ステップ 3. 今すぐ行動しよう

 

ステップ2で決めた事をすぐに実行します。

「もうちょっと様子を見てから実行しよう。」

「これでいいのかな? こんな事して、墓穴を掘ったらどうしよう」

などと考えてしまって、

行動に思いきれない事があります。

でも、たとえその案が適切でなかったとしても、

我々の間違いなんて大したことないのです。

脳外科医が手術したり、

首相が外交政策を間違えたり

というのと規模が違います。

早く行動すればするほど、

早く結果も得られるのです。

その行動とは、ただ単に、1本電話をしたり、

1通メールを書いたりするだけかもしれません。

5分で済むことかもしません。

とにかく、すぐに行動して下さい。

時間と苦しみの節約になり、

大きな結果を生むはずです。

 

結果、オーナーさんが 銀行に電話をかけて問い合わせたところ、

ネットバンキングがブロックされたのは、

使用していたコンピューターにウイルスが入り込んでいるとの

警告が入り、パスワードを盗まれる恐れがあるからということで、

自動的にブロックされていたそうです。

コンピュータを調べたところ、

たくさんのマルウエアが出てきたそうです。(怖いですね…!)

Paypalの支払いがうまくいかなかったのは、単なる操作ミスでした。

ショップサイト側にも調べてもらっていて、

実は最初からサイトとPaypalの支払いの連動の設定が

正しく行われていなかった事が発覚しました。

Paypalサイトもアップデートの時に設定が狂って、

正常に作動していなかったそうです。

結局長い間、気づかなかった問題もついでに発見できました。

 

返金を受け取ったお客さんは、

返金してこなかったら警察には通告しようと思っていたので、

通告はしていず、どうして詐欺と思ったかを書いた

長いメールを送付してきてくれました。

最初に考えた、「警察に通報されて銀行口座もPaypalもストップされた」

というのは、全くの想像で、

たまたまいくつかの偶然が重なっただけで、

それを自分の頭の中で関連する一連のストーリーとして

組み立ててしまったのです。

それを信じ込み何日も悩み続けていることは

まったく無駄な苦しみです。

 

頭が飽和状態になり、

何から手をつけたらいいか、

わからなくなってしまった時は、

とにかく、深く考えを巡らせずに、

目の前にある次の事をただただ行い、

他の事は忘れて見てください。

考えすぎたり、心配しないで、とにかくやるのです。

自分で組み立てた

最悪なストーリーに悩み続けないで下さい。

世の中って案外、思っているよりずっと簡単に物事が

スムーズに行くことが多いのです。

myself p

ゴンサレス靖子
http://twostepsbehind.net/lifecoaching

Image courtesy of anankkml at FreeDigitalPhotos.net

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料自動診断を行っています
是非ご利用してみて下さい

● 得意なことって、案外自分では気づいていないかもしれません。
自分でも気づいていない、あなたの得意な事を発見してみましょう。

Bunner-WP-Tokui-2015-08-01

● 自分らしく生きていない事に、どれだけストレスを感じているでしょうか?
チェックしてみましょう。

Bunner-WP-Stress--2015-08-01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください