[目標達成]

自分の人生を決める為の3つの質問

ID-10046751

明けましておめでとうございます。

また1年が過ぎ、

新しい年がやってきました。

年が明けるというのは、

自然現象からしたら、

地球が太陽の周りを一周して

同じ場所に戻ってきた

という以上の意味はありません。

でも、わたしたちの祖先は、

時間の流れという

一見掴み所のないものを把握し

天体の動きを元に、

「時刻」を生み出しました。

この「時刻」の発明によって、

私たちは生きている時間が

限られていて、

人生はかけがえのないものであることを、

知ることができました。

そんな限られた時間を、

より幸せに生きたいと、

私達はたくさんの願いをこめて、

新しい年を迎えます。

 

そんなあなたは、

今年は何を願ったでしょうか?

今年こそは、あの目標を達成して、

今までとは違う

もっとより良い年にしたい、

と思いましたか?

もしかしたら、去年の今頃も

同じような事を思いませんでしたか?

そして、結局何もしないうちに

時が過ぎていってしまったのではないでしょうか?

決して怠けていたわけではないのですよね。

私も昔はそうだったので、よくわかります。

何をやったらいいのだろう、

どこから手をつけたらよいのだろう、

そんな風に考えているうちに、

また1年が経ってしまうのです。

 

私の回りには、

特に目的も持たず、毎日ただ単に

過ごしている人達がたくさんいます。

人生を生きている、というより、

漂っているという表現がぴったりです。

すべてのことをなんとなくこなし、

自分の決断で

人生を動かしているという

自覚がありません。

次々と訪れるチャンスにも

気づくことなく、

自分がどこに向かって

生きているのか

どこに行き着くのか、

全く気にしないのです。

周りにいるたくさんの人達が

せっかく目の前に現れたチャンスを

次々と逃していくのを見ていて、

残念で仕方ありません。

 

私は時々そんな人達の体を

強く揺すって叫びたくなります。

「目を覚まして! あなたの人生、それでいいの?」

ある日ふと気づいて、

「私はこんな人生を生きたいとは、思わなかった」

「こんなはずじゃあなかったのに」

と思うのが明らかだからです。

だから今すぐに反応して、

行動を始めて欲しいのです。

漂っているだけでは、

自分が選んだ人生に

行き着くことはありません。

ただ流されて、

どこかに行き着くだけなのです。

 

川に浮かんだ、

枯葉を想像して下さい。

ただただ流されて、

ユラユラと、

どこかに運ばれていきます。

綺麗な景色を通るかもしれません。

石にぶつかるかもしれません。

でもそれは川の流れが

すべて決めて行きます。

 

もしあなたも、

そのように人生を漂っているのなら、

今すぐに、自分の意思で生きる人生に

変えて欲しいのです。

あなたが持っている才能を発揮して、

やってくるチャンスをしっかりと掴み、

充実した人生を送って欲しいのです。

 

でもどうやって?

 

その為にまず、あなたに考えてもらいたい

3つの質問があります。

 

1つ目の質問です。

あなたがこの世を去った時、どのようにあなたを覚えていて欲しいと思いますか?

家族、友人に、同僚に、あなたはどんな人だったと言って欲しいですか?

親切だった、楽しい人だった、頑張り屋だった?

私がこの質問を

コーチから10年以上前に

投げかけられた時、

まるで長い眠りから目が覚めたように

はっとしました。

「私が、もし1ヶ月後に死ぬとしたら、

どんな人だった、って言ってもらいたいだろうか?」

そう思いながら、

自分が死んだ時の事を

思い浮かべてみました。

母が号泣しています。

旦那も号泣しています。

友達が涙を流しています。

そこで最初に思ったのは、

私がこの世から去った事を残念に思い、

悲しんでもらえる人になりたい、

という事でした。

次にみんなにどんな人だったと

言ってもらいたいか考えました。

「いつも人の事を考えて助けてくれる親切な人だった」

「いつも明るく、ポジティブで、前向きに生きていた」

という事が頭に浮かびました。

そして、これが、私が思っている

「なりたい自分」なんだ、

と確信しました。

それがわかったら後は行動するのみです。

できることは毎日の生活の中で

たくさんのありました。

それは3つ目の質問のところで

またお話しします。

あなたもこの質問を

真剣に考えてみてください。

 

2つ目の質問です。

あなたにとって最も重要な事はなんですか?

 

あなたにとって

重要な事をはっきりさせるのは、

生きていく上で

自分の好きな道を失わずに

進んで行くために重要な事です。

あなたにとって一番重要な事はなんでしょう。

家族ですか?

仕事ですか?

趣味ですか?

 

私が一番重要だと思っているのは、自分です。

自分を大切にする事です。

なんでも自分が一番、

という意味ではありません。

自分を大切にするというのは、

自分の心に正直になること、

投げやりにならずに

なんでも一生懸命やること、

健康に気をつけることなど、

色々なことが含まれます。

 

自分を大切にしない人は

人も大切に出来ません。

自分を大切にすることで、

どのように周りの人を

大切にする事が出来るのかがわかり、

その為のエネルギーも湧きます。

 

そして自分以外に

自分に責任を持つ事ができる人はいません。

 

あなたにとって大事なことはなんでしょう。

何よりも優先したい事はなんでしょう。

考えてみてください。

 

3つめの質問です。

今日やらなければならない事はなんですか?

 

まず今日何をしなければならないのか

考えてみてください。

あなたの夢は大きくて、

どうやってその夢を叶えたらいいか、

思い浮かばないかもしれません。

そんなときは、とりあえず、

今日は何をしたらよいかを考えて下さい。

そして毎日、

「今日は何をしたらよいか」と

繰り返し考えます。

私が、「いつも人の事を考えて助ける親切な人になりたい」と思った時に、

最初に行ったのは

電車の中で

お年寄りに席を譲ることでした。

次は階段でベビーカーを運ぶのを

手伝ったこと、

そして、同僚がたくさんの仕事で

大変な時に手伝ったこと、

友達が旅行に行った時、

ペットの面倒を見たこと…

そんな小さな事を

毎日繰り返しました。

最初は気をつけていないと、

行動できませんでしたが、

そのうちそれが身について

習慣になり、

そのうちライフスタイルとなり、

今では好きな事を探し出したい方、

好きな事をやっていきたい方々の

お手伝いをしていく仕事を

できるようになりました。

 

また、「いつも明るく、ポジティブで、前向きに生きる自分になりたい」

と思ったので、まず最初に

役に立ちそうな本を読みました。

セミナーにも随分行きました。

読んだ事、セミナーで学んだ事を

実生活に取り入れていくうちに、

気づいていたら、

かなり自分の目標を地点に

近づいていました。

そうやって、日々のちょっとした行動の

積み重ねが、

自分を成長させて、

なりたい自分に近づいていくのです。

 

なりたい自分になっている人は、

特別な人という訳ではありません。

ちょっとしたマインドセットと

決心と行動と

ちょっとしたコツが必要なだけです。

 

漂う人生は終わりにして、

自分で自分の人生を決め

なりたい自分になっていきませんか?

 

こちらの動画はその為のヒントを詳しくお話ししています。

ぜひ参考にして見てください下さいね。

こちらからーー>goo.gl/dZRjBO

myself p

ゴンサレス靖子
http://twostepsbehind.net/lifecoaching

Image courtesy of photostock at FreeDigitalPhotos.net

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料自動診断を行っています
是非ご利用してみて下さい

● 得意なことって、案外自分では気づいていないかもしれません。
自分でも気づいていない、あなたの得意な事を発見してみましょう。

Bunner-WP-Tokui-2015-08-01

● 自分らしく生きていない事に、どれだけストレスを感じているでしょうか?
チェックしてみましょう。

Bunner-WP-Stress--2015-08-01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください